マルチーズのトイレのしつけはコツさえ掴めば誰でも簡単に出来るようになります。

トイレのしつけ方

マルチーズは、生後3ヶ月程度はあまりナーバスにならないよう伸び伸びさせてやることが大切ですが、やはりトイレだけはしっかりとしつけておかないと、後々困ることになります。

マルチーズを飼う上で、最も早くしつけるべきなのがトイレですが、上手くできるようになれば次のステップとしての弾みがつくものです。

トイレはまずタイミングを重宝することです。例えば、目覚めの直後や食後は絶好のタイミングです。他にも、下を向いた姿勢でクンクンとしていたりする場合も、用を足したいサインと思って間違いありません。

このような場合、すぐにでもマルチーズをトイレのある場所に誘導してあげることです。床を叩きながら向かわせたり、飼い主が手を叩いたりすることも有効です。

そのまま上手にできたら褒めて上げること、できればかなり大袈裟に褒めてあげて、マルチーズが喜ぶようにすると、とてもスムーズにしつけることができます。

また、トイレは常に清潔に保っておくことも大切です。あまり汚れたものを何日も放置しておくと、マルチーズは用を足す場所が無くて困ってしまいます。また、消臭も大切です。臭いが残っていると同じところで何度も繰り返してしまう元です。

そして、失敗してしまった時はあまり大声で叱らないことも大切です。大声を出しているのはマルチーズにとって飼い主さんが喜んでいると勘違いする原因です。

言葉をしっかり覚えさせるのも難がありますが、その口調がもっとも判断しやすい材料です。マルチーズはリズムや声の色を使い分けて教えてあげるのが一番良い方法です。大声を出せば排泄自体が悪いことだと思ってしまうことも考えられます。

上手く出来なかったからと言ってあまりにも怒ってばかりいると、マルチーズはトイレをすることがいけないことだと勘違いしてしまい、我慢してしまうことがあります。そうなると、病気にかかってしまう可能性がありますので、あまり叱らずにいてあげることも大事です。

もしあなたが、マルチーズを飼っていて、なかなかトイレのしつけが上手く出来ないと悩んでいるのであれば、当サイトでご紹介しているDVD教材をお薦めします。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにマルチーズのしつけで悩んでいた延べ10000人の飼い主さん達が、このやり方を実践したところ、短期間でマルチーズのしつけに成功しています。

きっと、このしつけのやり方があなたのマルチーズを短期間でとてもいい子なワンちゃんにすることが出来ると思いますので、今すぐ下記より詳細をチェックすることをお薦め致します。