マルチーズのシャンプーやお手入れ方法について詳しく知りたい方はこちらのページをご覧ください。

TOP > 関連ページ > シャンプーやお手入れ方法

マルチーズの専門サイト

シャンプーやお手入れ方法

マルチーズのお手入れといっても様々ですが、主には肉球の手入れや目の周りの手入れ、肛門腺絞りや爪切りなどがあります。

肉球は特に散歩の帰りなどは汚れていますので、綺麗に拭き取ってあげなければなりませんし、目の周りは目ヤニがつきやすく、また涙が溜まっていないかどうかも要注意です。

マルチーズの肛門腺絞りは小型犬であればほとんどの犬種に大切なケアです。肛門に臭い成分を溜める袋がありますので、搾り出してあげなければなりません。

爪切りは爪自体が血管が通っていますので、切る時はコツが大事です。素人が行うと出血してしまうこともありますので、止血剤を用意するのが無難です。

この中で肛門腺のお手入れについてはシャンプーの時に済ませるのがよい方法です。シャンプーといえばマルチーズにとってはとても大切です。

犬は毛で覆われていますので、毛が不潔になるとどんどん病気になってしまう可能性も増します。マルチーズはトリマーさんにお任せしている飼い主さんも多いようですが、自宅でしないとならなくなることもあります。

散歩でいきなり汚れてしまった場合も考えられます。都合が悪くなったり、トリマーさんが休みの場合も考えられます。シャンプーは自宅のお風呂場になりますが、場所的にまずマルチーズを慣らさせること、トリマーさんのところと同じような感じにしておくのもよいアイデイアです。

またシャンプーの方法は予め覚えておくこと、これもトリマーさんのところでの経験、観察力がモノを言います。もちろんトリマーさんに教えてもらうこともできますので、気になることがあれば質問しておくことも大切です。

毛玉の処理をしながらブラッシングを入念にしておき、足元からお湯をかけて全身を濡らしていきます。シャワーについては水圧は低め、またシャワーノズルを逐次気にして温度のケアも重要です。

シャンプーはもちろん犬専用、マルチーズは白い毛ですので白い毛用のものがお勧めです。すすぎ残しがないように注意して、特に耳の中は清潔に乾燥させておくことです。