マルチーズをいい子に留守番させるしつけ方法についてお伝えしております。

いい子に留守番させる方法

かわいいマルチーズを飼っていても、始終一緒にいるわけにも行きません。

やはりお出かけは1人で行かなければならない場合もありますし、そんな時飼い主さんが1人であればマルチーズは留守番をしなければなりません。

マルチーズは愛玩犬として育てられた犬ですが、昔から可愛がられるのが好きで、甘えん坊タイプです。

このことで留守番は他の犬種よりもやや辛いことにも思えますが、しっかりしつければ問題ありません。飼い主さんが1日中留守がちでも、ライフスタイルであればしょうがありませんので、できるだけ子犬の時期からしつけることが大切です。

また、いきなり大きく時間を空けるのは望ましいしつけ方ではありません。子犬の時からしつける場合は特に難しくなります。

まず徐々にしつけることが大事です。室内にいても飼い主さんがちょっと不在にするようなチャンスを作ったり、出かけるようになっても5分程度で帰ってくるようにします。

また、飼い主さんにべったりしながら突然留守番させるのではなく、支度等をしているところを見せながら徐々に距離を置くことも必要です。

常にベタベタ可愛がっている場合、支度を始めただけでもマルチーズは鳴き始めたり、1人になってからもマルチーズはずっと吠え続けることもあります。

他にはハウスを設置している場合はそこで1人で遊ぶ方法を覚えさせること、ハウスがとても居心地が良い場所で、おもちゃもたくさん揃っているように作っておけば、寂しさを感じることなく遊んでいられますし、散歩の直後から留守番をさせれば、それだけ疲れてしまって寝てしまいます。

おもちゃでよく使用されるのがデンタルコングです。形がユニークで、空洞の中身になっているゴム製のおもちゃですが、その中におやつ類やフード等を詰めて置いておきます。

そのままだと中身を取り出そうと必死になってくわえ込んだり、転がり方も様々でマルチーズにとってはとてもよい運動になります。また、おもちゃを噛むことによって、顎を鍛えることができますので、一石二鳥のアイテムです。

もし、あなたがマルチーズを飼っていて、なかなかいい子に留守番してくれないと悩んでいるのであれば、当サイトででご紹介している教材をお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにマルチーズのしつけで悩んでいた延べ10000人の飼い主さん達が、このやり方を実践したところ、短期間でマルチーズのしつけに成功しています。

きっと、このやり方があなたのマルチーズを短期間でとてもいい子なワンちゃんにすることが出来ると思いますので、今すぐ下記より詳細をチェックすることをお薦め致します。