マルチーズの噛み癖のしつけ方についてお伝えしております。

噛み癖のしつけ方

マルチーズの癖として多いのが噛み癖です。子犬の時はそんなに噛まれても痛くないですが、成犬になっても噛んでしまうと、他人に怪我をさせてしまう恐れもありますので、できるだけ早く治したいものです。

子犬の時は目に入る色々なものを確認する意味で噛んだり舐めたりすることが多くあります。

特に飼い主さんの手、指、足など、他には家具、電気コード、おもちゃなどが主ですが、マルチーズにとっては珍しいものだらけです。また母犬がいれば子犬が噛もうとしたら逆に噛み返して痛みを教えるものですが、人間が噛むわけにもいきません。

しっかりと噛むことがいけないことだとマルチーズに自覚させるには、叱ることよりも飼い主さんが痛んでいることを教えるほうが正解です。

甘噛みでも大抵は抱っこしていたり遊んであげているときについつい噛んでしまうことが多いため、あまり叱ったりしないで、大きな声を出して顔をゆがめてみたりするのがよい方法です。

マルチーズにもそれぞれ性格がありますので、飼い主さんが大声で驚くようにすれば、一気に解消される場合もあります。一度ではダメでも何度か同じように嫌なことが起こることを教えることです。

他には噛まれたら手や足の代わりにおもちゃやガムをすかさず口に放り込むことも有効です。ストレスが溜まっていて噛む場合もおもちゃはごく自然に解消するために役立ちます。甘噛みだから本気ではないことも意識しなければなりません。

しかし放置すると将来的に噛み癖がどんどん治らなくなってしまうことがあります。噛むと何か嫌なことがある、口の中に逆にもっと手を入れてみたりするのも有効です。手が抜けなくなって喉のあたりも苦しくなるとマルチーズもこれはやっかいだ、と判断するようになります。

また特に気を付けて欲しいのが電気コードです。マルチーズは興味本位で電気コードをかじってしまうことがあります。電気コードを噛んだりすると怪我の元です。最悪の場合、感電してしまい命に関わることもあります。

ですので、室内で噛まれたら危険なもの、電気コード、ガラス製品、そして噛まれたら困ってしまう洋服や高価なものもマルチーズの手が届かないところに退避しておくことが肝心です。

もし、あなたがマルチーズを飼っていてなかなか噛み癖が治らないと悩んでいるのであれば、当サイトでご紹介しているしつけ教材をお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにマルチーズのしつけで悩んでいた延べ10000人の飼い主さん達が、このやり方を実践したところ、短期間でマルチーズのしつけに成功しています。

きっと、このやり方があなたのマルチーズを短期間でとてもいい子なワンちゃんにすることが出来ると思いますので、今すぐ下記より詳細をチェックすることをお薦め致します。