マルチーズの無駄吠えのしつけ方はある道具を使うととても便利です。

TOP > 関連ページ > 無駄吠えのしつけ方

マルチーズの専門サイト

無駄吠えのしつけ方

マルチーズを叱るときは出来るだけ優しくお願いします。

マルチーズのしつけで大切なものの1つが無駄吠えです。吠えることは自然だといっても、マルチーズを室内で飼っている場合は相当にやっかいになることもよくあります。

集合住宅では常に周囲の住人に対するマナーとして考えなければなりませんし、夜中にずっと吠え立てられては飼い主の健康にも影響します。

当たり前のことですが、犬は人間と違って言葉を話すことができません。つまり吠えることは意志を伝えるための大切な行為です。

また吠える理由にも様々です。警戒していたり威嚇していたり、何か欲しがっている場合もありますので、ただ叱るのではなく、その原因を理解して対処してあげることが大切です。

飼い主がしっかりしつけないと、無駄吠えだらけのマルチーズになってしまうことも考えられます。犬は群れで行動するのが基本ですが、家族であれば自分の群れに属します。

また群れにはリーダーが必ずいるものですが、室内で飼われている場合、飼い主がリーダーです。またリーダーが1人であればリーダーに甘えたくなるのも性分ですが、甘えついでにどんどん吠えるようになってしまいます。

甘えてくるなと思っても反応しないことも大切です。吠えれば飼い主が必ず反応してくれると覚えてしまうとやっかいです。吠えても何ら聞かれない、要求が受け入れられないと解れば自然と落ち着いてくるものです。

また、甘えの他には警戒心も原因の一つです。物音がちょっとしただけでも、あるいは来客があったときも、マルチーズは警戒心を露わにします。

社会性が身についていない犬であると思われてしまいますので、恥をかく前にしっかりとしつけることが大事です。また、社交性を身につけるためには散歩がベストな改善策です。散歩に連れ出せば通行人や散歩途中の犬とも触れ合いが生まれます。

無駄吠えは自然なことと飼い主さんがどこかで諦めずに、積極的にしつけていくことが基本です。甘えも警戒心も無駄なことであると理解させ、いつも行儀のよいマルチーズでいてほしいものです。

もし、あなたがマルチーズを飼っていてなかなか無駄吠えが治らないと悩んでいるのであれば、当サイトでご紹介している教材をお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにマルチーズのしつけで悩んでいた延べ10000人の飼い主さん達が、このやり方を実践したところ、短期間でマルチーズのしつけに成功しています。

きっと、このやり方があなたのマルチーズを短期間でとてもいい子なワンちゃんにすることが出来ると思いますので、今すぐ下記より詳細をチェックすることをお薦め致します。